MENU

映画を面白く楽しくするには

みなさん、拝見いただきありがとうございます

ここでは、映画についてお話ししたいと思います

私が今でも記憶に残る、面白いと思った映画は「トップガン」でした。泣けた映画は「南極物語」ですね

みなさん、最近は映画観ましたか?、デートだったり家族と観たりと様々だと思いますが

映画館もしくは家で見たりと今はどんなシチュエーションでも見れるからいい時代です笑

映画を観て人生変わる人、心情に変化する人もいるくらいです。ファン化もしますし、景気が良くなる!?

エンターテイメントにおいて、人生においても素晴らしいものだということを説明します

目次

どんな時に観るのでしょうか

  • 休日や空いた時間:休日や暇な時間に映画を楽しむ。リラックスした状態で映画を楽しむ
  • 日頃の疲れを発散したいとき:日常のストレスを忘れるために映画を観る人もいます。休み前の夜とか
    見る人も多い。感情移入してストーリーに没頭することでリフレッシュできる
  • 天気が悪い日:雨や雪が降っている日など、外出をしない日に映画を楽しむ
  • 恋人や友人、家族との時間:一緒に映画を観るのも楽しいです。特に家族向けの作品や友人との交流を楽しむために映画を選ぶことがあります
  • イベントやシーズンに合わせて:クリスマスやハロウィンなどの特定のイベントや夏には夏休み映画など、季節やイベントに合わせて映画を観ることがあります
  • 気になる新作映画:ネットでの情報だったり知人からの情報だったり話題になるような映画であれば人は気になるものです。誘われて行った本人が映画好きになる人も多いようです。あとは好きな俳優など

当然ながら時間がないと観れませんが、映画を楽しむという目的があれば視聴するために、ある程度準備して

観るのが多いのでは?と思ったりもします。映画のお供もとくに大事ですもんね笑

映画視聴のメリットは

喜怒哀楽という言葉、人間だれしも持っているものです

この言葉は映画においても重要な要素だと思います。映画は視覚や音響を通じて観客の感情に訴えかけます、喜怒哀楽を
表現する手段として幅広く活用されます。

  • 喜び : コメディやミュージカルなどのジャンルは、観客を楽しませることを目的としています。喜びや笑いを引き出す要素が取り入れられ、キャラクターのおかしな行動や意外な展開などが喜びを生む要因となります。
  • 怒り : ドラマやアクション映画では、登場人物の行動や状況によって観客に怒りや憤りを感じさせることが。悪役の行動や社会的な不正義に対する怒りを描写することで、ストーリーに緊張感や興奮を生み出しています。
  • 哀しみ : 悲劇やドラマなど、登場人物の悲しい運命や切ない出来事を通じて観客に悲しみを感じさせることがあります。感情移入しやすいストーリーやキャラクターの死などが悲しみを引き起こす要因があります。
  • 楽しみ : 映画は視覚的な魅力や物語性を通じて楽しみを提供することが、美しい映像や音楽、ストーリーの展開などが楽しみを感じさせる要因のひとつです。

まとめ

映画は自分の人生と共に生きてきたと思います。小さい頃から今現在まで何本観たか数え切れないほど観てきました

主役のことを好きになったり、調べたり、本屋で映画関係の本、読んだりと話題の映画を待ち遠しい気持ちになったりと

映画を観ると付加価値を与えてるように他も気になり観てしまう

映画を観てる時間って良いんですよね。リラックス効果なんでしょうか

みなさんも時間あるとき、久々観るか!でも良いと思います。映画を楽しむことを決して忘れずに

映画と過ごす時間を楽しんでほしいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次