MENU

人生変わりたいならまずは行動②

チャンスがあるのに

とある飲食店オーナーは、いつかレストランを経営してみたいという人たちに、積極的に会っています

同業者としてまたは夢をもつ人を応援したいという気持ちから相談にのっていますがそこでひとつ困ったことが

あります。それは夢物語ばかり口にしているということ

有名店から働かないか?お店をやってみないか?といつか依頼される日が来るのではないかと、

いつか自分に依頼される日が来るのではないかとそのオーナーに話すそうで

テレビやドラマの影響によるもの、もし実話であってもそもそも背景は編集され物語が面白くなるように

なっています。もしかしたらこのビックチャンスの幸運を掴んだ人がいるかも知れませんが

であったとしても本当、一握りで数少ないと思います

物足りないとか、有名店じゃ満足しないとかビックチャンスを期待してしまうと小さなチャンスまでも

見逃ししてしまいます。めぐり会った小さなチャンスでも決して見逃さないことが大切です

この飲食店オーナーの小さなチャンスを気の合う仲間との出会い、まったく無名の仲間同士から始まっています

そこから人生は大きく動き始まったのです

何かやってみようかな

何かをやろうと思ったとき、そのあとまず考えてしまうのは出来ない理由を考えてしまう

能力がない、失敗する、家族に反対される、無謀、無理だと考え込み、結果何も行動せずに終わる

だけど、もし本当は能力があった、これがキッカケとなった、家族に反対されるのではなく逆に応援したかった

と言われたら、

思い込みだけで自分には出来ないを理由にするのはもったいないことです

やらないと分からないことなんて無限にあります。自己否定の癖がついてしまうと行動できない自分になってしまいます

だからこそ、やってみましょう

実は成功者には

成功する人と成功しない人の差は、比べると実は大きな差はなかった

では、何が違うのか

「すぐに行動に移せるかどうか」

チャンスに出会わないではなく、そのタイミングをチャンスに出来なかった

「自分には」「また今度」はもうやめて

とりあえずやってみよう

成功者は行動に移すのが早いんです。それが行動というもの

ヒーローインタビュー

成功を目指している若い人にメッセージを、という質問にある経営者がこう答えました

「自分がヒーローインタビューを受けているところをイメージしてみればいい、もし今インタビューで語る内容が無かっ

たとすれば、まだ成功には早い。いつか成功したいなら答えられるような行動をしていけばいい」と

インタビューを受ける人はそれだけ努力し注目され反応させるだけの経験や物語があります

これは大物だけとは限らない

多く語れるほどなくても苦労したこと。物語、体験談、人の心を動かせたらそれはある意味、成功した証し

あなたは、インタビューで何を話しますか?

前例がないから

決断するうえで、社会では「前例がない」がリスクとしてとらえられています。だが、成功者や何かを成し遂げた

人はその「前例がない」ことへの挑戦によって生まれた

前例がないのだから、挑戦したところで失敗しても当然として思われる。だが、もし成功したら「よくやった」と

称賛される

このチャンス挑戦しないのはもったいない

失敗すること

学校では失敗しない方法、正解しか教わってないけど、失敗する方法については教わっていない

だから失敗については経験が浅い、日常でも失敗を恐れようとしないこと

人生で必要なのは失敗を経験して成長し成功へと繋げることがとても大切です

それには、まずは行動です

成功の反対は失敗と言われてますが

正しいのは 何もしない です

何かを達成したいとき

まず、タイミングは思いついたその瞬間がもっとも行動しやすく継続しやすい

思いついたことを先送りにすれば、ほぼ着手はできない

思いついたらすぐに手をつける、癖をつけることがすごく大切です

もし出来なかったらメモにでも書き留めてあとで見返すなどやり方はいくらでもあります

その瞬間、思った自分は、何かを変えようと正直に思った事実です

その熱量を冷ますのはもったいないことなのです

これまでの過程が今の自分

人生の過程が今の自分を創りあげています

過去やってきたことが今に影響をあたえ変化し成長してきたのはまぎれもない事実

この先の自分の未来はどうなってるのか気になる?と思うかもしれませんが

でも帰るのは今の自分のあなたしかいなく、他があるわけでもなく創るのはあなたです

習慣と行動は、自分というものを創りあげます

行動を起こすタイミングは?

やってみたいと思ったらすぐに行動すべき

先延ばししてしまうと心がどんどん冷めて意欲もなくなり、何の行動も起こさず

「あのときやっておけばよかった」と後悔します。何事もやる気のあるうちに

みなさんご存知のことわざ

鉄は熱いうちに打て

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次